輸入ビジネスのリサーチの基礎をわかりやすく解説

商品リサーチの方法

こちらでは、最も基本的なリサーチの方法を解説していきます。
一言にリサーチの方法とはいいますが、本当に様々なやり方が存在します。

 

輸入ビジネスにおいてリサーチは「キモ」の部分なので、
皆さんかなり試行錯誤を繰り返してクオリティを上げているわけですね。
そこで、まずこちらでは最も基礎的な方法のリサーチをお伝えしていきます。

 

1時間くらい粘れば、これで儲かる商品が見つかるはずです^^

 

Amazon.co.jpとAmazon.comを見比べよう

まず最初に、こちらではAmazon.co.jpとAmazon.comを区別して解説していきます。
当然のことながら、co.jpの方は日本のアマゾンで、comはアメリカのアマゾンになります。
最初にまずは覚えてしまいましょう^^

 

まず、一番最初は最もベタな方法を使って探していきます。
co.jpの方で【並行輸入】と検索をしてみましょう。

 

すると、平行輸入をした商品が数多く出てくるかと思います。

 

 

この商品を、海外の商品とくらべて「価格差があるか」というのを探していくわけです。

 

なんでこういった方法が出来るかと言うと、
アマゾンの中のルールとして並行輸入品は「並行輸入」っていう風に
記入をしないといけないルールがあるんですね。

 

そのルールを逆手にとって、そもそも最初から並行輸入と記入をしたら
商品が見つかるでしょ!っていうのが、この方法です。
至ってシンプルです^^

 

本当に儲かるかをチェックしよう

次に、この商品が本当に儲かるのかをチェックしていく段階で必要です。
そのためには、自分で「利益計算シート」を作らなければなりません。

 

最初作るのは少し面倒くさいですが、一度作ってしまえばあとは使い回しが出来ます。

 

利益計算シートにどういう式を組み込んでいくかと言うと、
大きく分けて「海外からの送料」と「販売手数料」ですね。

 

販売価格から、これらの値段+仕入れを引いた金額が利益として残るわけです。

 

 

 

こんな感じで商品リサーチは完了です。
思ったより簡単だと思いませんか?

 

色々と細かいコツなんかはあるのですが、
まず大まかに分けて上の2つの作業がメインになってきます。

 

感覚を掴むためにも、まずは一度やってみましょう。

 

また、上の情報などを見てみて、是非輸入ビジネスに挑戦をしたい!と思ったら、
こういった教材などで勉強をすることをオススメします。

 

【PRサイト】
睡眠導入剤通販


TOP 輸入ビジネスの基礎 ebayの基礎