輸入ビジネスの仕入れの資金について

仕入れの資金ってどうすればいいの?

輸入ビジネスを始めようと思った際に、
誰もが気にするのが「仕入れの資金」になると思います。

 

いくら儲かる商品を見つけられたとしても、
そもそもお金が足りなかったら仕入れることが出来ませんよね。

 

そこで、「普通の社会人」の方を想定して、
どんな風に資金繰りをしていくかの解説をしていきます。
この方法のおかげで、私は一気に加速することが出来ました^^

 

カード払いをメインに行う!

 

まず、海外からの輸入ビジネスを行う際に、
最もキモになってくるのが「クレジットカード」になります。
これが無いと輸入ビジネスは本当に困ってしまいます。

 

で、なんでクレジットカードが大事なのかというと、
現金の場合と違って支払いサイクルを後に引き伸ばすことが出来るんからなんですね。
では、現金の場合と、クレジットカードの場合を想定してみましょう。

 

1 現金払いの場合

 

現金払いを行おうとした場合、
まず最初に現金が必要になってきてしまいます。

 

仮に20万円ほど手元にあったとして、
買い付けをしているあっと言う間に無くなってしまいます。

 

しかも、次に買い付けが出来るのは、
一回目に販売した商品が全て売れきった後・・・。

 

これではなかなかビジネスを加速させることは出来ませんよね?

 

2 クレジットカードの場合

 

では次に、クレジットカードの場合を想定していきます!

 

クレカの場合、まずそもそも現金とは買える額が全く違います。
社会人でしたら大体30万円くらいの枠のカードは手に入るはずなので、
5枚程度作ったら、すぐに150万円の枠を手にい入れる事が出来ます。

 

この枠で、商品を購入していけるわけです。

 

しかも、現金の場合だと、購入をするそのタイミングで現金が必要ですが、
クレジットカードの場合は翌々月くらいの引き落としのタイミングまでに
お金を用意しておけばいいんです。

 

つまり、翌々月までに仕入れた商品を売れば、
自分の現金は一切必要が無い。

 

という事が可能になるわけです!

 

これは本当に凄いことだと思います。

 

普通、物販をする時は、元々のキャッシュがないとビジネスが出来ません。
しかし、この方法を行えば、最初からアクセル全開で始めていけるわけです。

 

【PRサイト】
チーマー


TOP 輸入ビジネスの基礎 ebayの基礎